平成30年3月に、パートタイマー職員の常勤職員への転向制度を制定し公募したところ、早速2名のパートタイマー職員が応募してくれました。
これからも、意欲のあるパートタイマー職員を積極的に登用したいと思っています。

中島さかみ(右側・勤務歴14年・57歳)
生活にゆとりが欲しいと思い応募しました。まさか、この年でパート職員から正職員になれるなんて信じられませんでした。
正職員になって、給料と賞与が増えただけ役割分担も増え、責任ある仕事をさせて貰えるようになり、気持ちが引き締まる思いがしています。
これからは、知識や技能をもっと磨き、気配り・心配りのできる人材になれる様、努力していきます。

森川葉月(左側・勤務歴5年・48歳)
今年度よりパート職員から正職員への転向希望者の募集がありました。
少し背伸びしすぎかなとも考えましたが、勤務時間、休日の日数も同じで給与の多い正職員は魅力があり応募しました。
もちろん仕事と責任は増えますが、子供にお金がかかる時期なので頑張ろうと思いました。
これからは、働く時間に制限がある子育て中のパート職員が、子育てを終えた時に、目標となるような正職員を目指し、笑顔を絶やさず勤めていきたいと思います。